ビジネスの効率を上げるには

年末調整はビジネス上、欠かせないモノですが、業務の時期が年末に集中します。それを自社で行う場合には、その人員を雇用せねばならないのですが、年末調整の時期以外に、その人員を活用する手段がないのが実情です。このため多くの企業はアウトソーシングを取り入れています。これは社員の業務時間をビジネスに集中させ、効率を上げようとするためです。年末の時期以外に経理部の社員を庶務部に回したり、営業部に回したりすると、モチベーションが下がったり、効率が下がったりするので、望ましい方法ではありません。又、派遣社員の活用も考えられるのですが、中途半端に社内でやるより、アウトソーシングするほうが効率的です。

アウトソーシング対象の業務

社内ビジネスの業務の一部をアウトソーシングする場合、対象とすべき一般的な業務があります。一番多いのは、その業務が年間の一時期だけ発生して、普段は発生しないものです。例えば、年末調整は一カ月だけ業務が集中しますが、普段は関連する業務量は微々たるものです。この最盛期に合わせて人員を雇っておくのは全くの無駄です。二番目はいわゆる庶務業務です。納期が限られていないものが多く、又、習熟度を要求しないのもその特徴の一つです。三番目は会計業務です。日常の経費精算などは量が多いのですが、仕事の期限はそれほどタイトでないのが普通です。これらをアウトソーシングし、本来のビジネスに経営資源を集中させるべきです。

↑PAGE TOP

Copyright © ビジネスで大変な年末調整 All rights reserved