ビジネスで生産管理は外部委託

ビジネスでコスト削減するなら、生産管理部門はアウトソーシングにするということも考えられます。特に今はクラウドシステムによって生産管理部門はどんどんとアウトソーシングが進むようになってきています。昨今のビジネスはスピード重視です。クラウドシステムなりリアルタイムでの管理が可能となります。そうすると多品種少量生産もしやすくなります。これから時代はどんどんと顧客のニーズは多極化していくことが考えられますから、管理部門は素早い対応が求められることになります。これに対応できるのがクラウドシステムというわけです。

アウトソーシング先を選ぶ

ビジネスの一部をアウトソーシングする場合、注意しておくことがあります。最も重要なのは成果物の品質を測るやり方を契約時に決めておくことです。これを行わず、受け入れ時に問題が生じた場合、手直しするにも、自社で行わねばならず、アウトソーシングした意味がなくなります。又、委託先に依頼する場合でも、追加費用が発生し、依頼した意味がなくなってしまうのです。また、依頼内容を途中で変更した場合などは時間的、コスト的に大きな損失となり、ビジネス上の問題となります。このため、依頼する業務は自社で十分経験のある業務が望ましいです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ビジネスで大変な年末調整 All rights reserved